プレスリリースリスト

お知らせ 2014.05.21
新技術「ビームフォーミングEX」に対応。
11ac対応Wi-Fiルーター「WZR-1750DHP2」の
新ファームウェアを公開

 メルコホールディングス(東・名 6676)グループの中核企業 株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木 邦明、以下バッファロー)は、Wi-Fi(無線LAN)規格「IEEE802.11ac」(以下、11ac)対応Wi-Fiルーター「WZR-1750DHP2」の最新ファームウェアVer.2.20を提供開始いたしました。本アップデートにより、Wi-Fi高速化技術「ビームフォーミングEX」に対応し、家の中で移動中のiPhoneやiPadなどのタブレットとの通信が最適化され、よりつながりやすくなります。 最新のファームウェアは、当社Webサイトからダウンロードいただけます。

 「ビームフォーミングEX」は、通信品質を向上させる技術。移動するスマートフォンの電波をWi-Fiルーターの3本のアンテナがそれぞれ受信し、それらの電波の位相や振幅の差を計算することで、スマートフォンの位置や動きを察知します。スマートフォンの位置を特定したWi-Fiルーターは、3本のアンテナから出力する電波がお互いを強め合うように計算・調整し、スマートフォンを狙って最適な電波の束(ビーム)を形成します。実測値で最大1.5倍の効果を発揮。Wi-Fiルーターから離れた部屋や2階の部屋など、従来電波が届きにくかった場所でも快適にインターネットが楽しめます。従来の「ビームフォーミング」は、親機、子機共に同技術に対応している必要がありましたが、「ビームフォーミングEX」では、従来ビームフォーミングに非対応だったiPhone5s、iPhone5c、iPadやNexus 7(2013年発表モデル)に対応。これらの機器でビームフォーミングの効果が得られるようになります。

※すべての環境での効果を保証するものではありません。

【測定環境】
無線LAN親機:WZR-1750DHP2 / スマートフォン:iPhone5s / PC:DELL PRECISION M4600 (Intel Core i7 2.4GHz/メモリー 8GB) / Windows7 Ultimate SP1(64bit)
【測定方法】
無線親機にPCは有線、スマートフォンは無線で接続。
IxChariotにてPC→スマートフォンの60秒間のスループットを測定。
(2014/4、当社調べ)

WZR-1750DHP2

高解像度画像

「ビームフォーミングEX」対応機種(2014年5月、当社調べ)

・iPhone5s / iPhone5c / iPhone5
・iPad Retinaディスプレイモデル(Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellulerモデル)
・iPad 2013年発売モデル(Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellulerモデル)
・iPad mini(Wi-Fiモデル/Wi-Fi+Cellulerモデル)
※iPad mini Retinaディスプレイモデルは非対応。
・Nexus 7 2013年発売モデル


※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。
To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.

バックナンバー

2019

2018

2017

2016

2015

2014

2013

過去のバックナンバーへ