プレスリリースリスト

新製品 2017.02.08
最大10GbEに対応し、サーバーバックアップが高速化。
法人様向け12ドライブNASラックマウントモデルを発売

Ethernet新規格「IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)」に対応

 メルコホールディングス(東・名6676)グループの中核企業株式会社バッファロー(本社:名古屋市、代表取締役社長:斉木邦明、以下バッファロー)は、法人様向けNAS「テラステーション」の新ラインナップとして、10GbE(10ギガビットイーサネット)までのEthernet規格に対応した12ドライブ搭載ラックマウントモデル「TS51210RHシリーズ」を発売します。12ドライブプリインストールモデル(容量:96TB、48TB、24TB)と、4ドライブプリインストールモデル(容量:32TB、16TB、8TB・8ベイスロット空き)をラインナップ。合わせて、交換用HDD「OP-HDH2Uシリーズ(容量:8TB、4TB、2TB)」、交換用電源ユニット「OP-PU-10R2U」も同時発売。2017年3月上旬より、全国のパソコンを取り扱う商社、代理店および当社直販サイト「バッファローダイレクト」などで販売されます。

 本製品は、バックアップやファイルサーバーとしての運用に特化した10GbE標準搭載の法人様向けNASです。従来のEthernet規格「IEEE 802.3an(10GBASE-T)」、「IEEE 802.3ab(1000BASE-T)」対応に加え、新規格「IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)」に対応し、Cat6またはCat5e規格のLANケーブルが敷設された環境においても「BS-MP20シリーズ」などの2.5/5GBASE-T対応スイッチへ変更することで2.5Gbps(規格値)および5Gbps(規格値)での通信が可能です。10GbE環境では、当社従来製品(TS5800DNシリーズ)で約9時間50分掛かっていたバックアップが約2時間17分で完了でき、バックアップ時間を約76%短縮できます。

 通常のデスクトップ向けHDDに比べて耐振動性に優れ長寿命な「ニアラインHDD」を採用。長期安定稼働を実現し、重要なビジネスデータを安全に保存できます。また、2系統の電源で冗長性を持たせたリダンダント電源を採用することでデータセンターなどでの使用に耐えうる高信頼性を実現します。さらに、HDDとNANDフラッシュ上にファームウェアを二重化して保持する「システムファームウェア二重化構造」により、HDD上のファームウェアが破損した際でもNANDフラッシュ上のシステムファームウェアからの自動修復によりシステムダウンを防ぎ、安定した長期稼働を実現します。加えて、近日発表予定の「オンサイト保守パック」(別売)および「デリバリー保守パック」(別売)による最長7年までの保守に対応しており、長期稼働が必要とされるサーバーバックアップ用途に最適です。

TS51210RHシリーズ

TS51210RHシリーズ

高解像度画像

OP-HDH2Uシリーズ(交換用HDD)

OP-HDH2Uシリーズ(交換用HDD)

高解像度画像

OP-PU-10R2U(交換用電源ユニット)

OP-PU-10R2U(交換用電源ユニット)

高解像度画像

10GbE環境の構築でバックアップ時間を削減

10GbE環境の構築でバックアップ時間を削減

※ 34.25GBのCドライブをArcserve UDP v6でイメージバックアップした時間をもとに換算(RAID 6時)(2017年2月、バッファロー調べ)

長期安定稼働を実現する「ニアラインHDD」、「リダンダント電源」、「システムファームウェア二重化構造」

長期安定稼働を実現する「ニアラインHDD」、「リダンダント電源」、「システムファームウェア二重化構造」

10GbE標準搭載 テラステーション 法人様向け12ドライブNAS ラックマウントモデル

12ドライブプリインストールモデル

(空きベイスロットなし)

容量型番価格出荷予定
96TB(8TB×12)TS51210RH9612¥1,600,000(税抜)2017年3月上旬
48TB(4TB×12)TS51210RH4812¥980,000(税抜)
24TB(2TB×12)TS51210RH2412¥740,000(税抜)

4ドライブプリインストールモデル

(8ベイスロット空き)

4ドライブのみプリインストール済みで、初期費用を抑えたい場合に最適。

容量型番価格出荷予定
32TB(8TB×4)TS51210RH3204¥790,000(税抜)2017年3月上旬
16TB(4TB×4)TS51210RH1604¥540,000(税抜)
8TB(2TB×4)TS51210RH0804¥390,000(税抜)

オプション製品

TS51210RHシリーズ向け 交換用HDD

容量型番価格出荷予定
8TBOP-HD8.0H2U¥140,000(税抜)2017年3月上旬
4TBOP-HD4.0H2U¥78,000(税抜)
2TBOP-HD2.0H2U¥60,000(税抜)

TS51210RHシリーズ向け 交換用電源ユニット

型番価格出荷予定
OP-PU-10R2U¥34,000(税抜)2017年3月上旬

「IEEE 802.3bz(2.5/5GBASE-T)」について

 2016年9月に標準規格化された新しいEthernet規格です。通常、10GbE(10ギガビットイーサネット)対応機器を導入する際、従来のCat5eおよびCat6ケーブルでは最大1Gbps(規格値)の伝送速度しか出せず、最大10Gbps(規格値)の伝送速度を実現するためにはCat6A規格より上位のケーブルが必要となりLANケーブルの入れ替えなどインフラ側の施工作業が発生します。しかし、「IEEE802.3bz(2.5/5GBASE-T)」に対応した製品では、LANケーブルを上位規格に入れ替えせずとも現在敷設されているCat5eおよびCat6ケーブルを利用して最大5Gbps(規格値)の高速通信が可能なため、同規格に対応した機器を採用することでリプレース導入が容易になります。


※新製品情報に掲載されている価格、仕様、対応機種等は発表時のものです。
※価格改定、仕様変更、対応機種追加等の可能性があります。
※最新情報は製品情報ページにてご確認ください。
※記載されている価格は希望小売価格です。
To Overseas Press People:
This product is only available in the Japanese Domestic Market. Pricing and availability in other regions may vary.

バックナンバー

2017

2016

2015

2014

2013

過去のバックナンバーへ