管理機能搭載アクセスポイント(法人様)

エアステーションプロ 法人向け 11ac/n/a/g/b対応 インテリジェントモデル 防塵・防水 耐環境性能 無線LANアクセスポイント

屋外での無線Wi-Fi環境・拠点間通信共に高速な環境を提供

拠点間通信で使用した場合の到達距離測定

拠点間通信で使用した場合の到達距離測定

【無線測定環境】
■構成環境
標準アンテナ同士: WAPM-1266WDPR ×2(添付アンテナ)
WLE-HG-DA/AG同士:(WAPM-1266WDPR+WLE-HG-DA/AG+WLE-CC5×2)×2
WLE-HG-DYG同士:(WAPM-1266WDPR +WLE-HG-DYG×2+WLE-CC5×2 )×2
■PC
Intel core i7 2.4GHz メモリー8.2GB Windows7 Ultimate 64bit
■使用チャンネル
2.4GHz : 5+9チャンネル(HT40)
5GHz :100/80(VHT80)

【測定方法】
お互いの無線親機に有線でPCを接続
IxChariotを使用してPC→PCの30秒間のスループットを測定
(2016/3現在、当社調べ)※通信距離、速度は環境に依存します。

端末を屋外で使用する場合の到達距離測定

端末を屋外で使用する場合の到達距離測定

【無線測定環境】
■構成環境
無線LAN親機: WAPM-1266WDPR
■PC
Intel core i7 2.4GHz メモリー8.2GB Windows7 Ultimate 64bit
■タブレット
VersaPro VK15DS-R(NEC Tablet)
■使用チャンネル
2.4GHz : 5+9チャンネル(HT40)
5GHz :100/80(VHT80)

【測定方法】
無線親機にPCは有線、タブレットは無線で接続
IxChariotを使用してPC→PCの30秒間のスループットを測定
(2016/3現在、当社調べ)※通信距離、速度は環境に依存します。

屋外、温泉地、牛舎に最適な優れた耐環境性能

屋外、牛舎に、温泉地に最適な優れた耐環境性能

屋内用無線LANアクセスポイントでは対応できない屋外環境に最適な無線LANアクセスポイント。
温度変化の大きい牛舎や工場、雨風や砂埃の当たる学校や工事現場の軒下、腐食性ガスの漂う温泉地やリゾートホテルなど、多種多様な屋外環境での無線LAN通信を可能にします。

【屋外対応無線LANの導入事例】 農事組合法人 佐々木牧場 様

牧場の広大な敷地を無線LANでつなぐ屋外の過酷な環境にも対応したネットワーク環境を構築。
>>詳細はこちら

※類似設計製品であるWAPS-300WDPでの導入事例

農事組合法人 佐々木牧場 様

動作保証温度-25~55℃、過酷な温度環境に対応

-25℃環境下での動作OK 55℃環境下での動作OK

空調が効かず高温・低温になりやすい場所への設置に最適。動作保証温度-25~55℃で、1年を通して温度変化の大きい工場や牛舎など、過酷な環境での無線LAN通信を実現します。

雨風や砂埃に強い、IP55対応の防水性能と防塵性能

防護等級IP55(防塵等級5、防水等級5)に対応

防護等級IP55(防塵等級5、防水等級5)に対応した高い防塵性能と防水性能を実現。塵や埃、雨風の当たる学校や工事現場の軒下への設置に最適です。

基板フッ素コーティングで実現した耐腐食性能

フッ素コーティング

硫化水素や塩水による腐食が原因で起こる基板の故障をフッ素コーティングで防止。硫化水素試験JIS C 60068-2-43 (※1)と、塩水噴霧試験JIS Z 2371(※2)を実施しました。温泉地やホテルのプールサイドでの無線LAN通信を実現します。

※1JIS C 60068-2-43に規定された試験条件下で21日間試験を実施し、DUTが正常に 動作することを確認。
<試験条件>
硫化水素:10~15ppm
温度:25±2℃
湿度:75%
※2JIS Z 2371で規定される中性塩水噴霧試験を48時間実施し、外観上で著しい腐食が見られないことを確認。
<試験条件>
中性塩水:5%
温度:35℃

設置場所について

DFS障害回避機能

レーダー監視専用アンテナで干渉しないチャンネルを常に把握 無線LANを止めずにチャンネル切替

「DFS(Dynamic Frequency Selection)」による無線LAN停止を回避するため、レーダー波監視専用アンテナを搭載。干渉しないチャンネルを常に監視し把握することで、レーダー波を検知した際に、瞬時に干渉しないチャンネルへと自動的にチャンネル切り替えを行います。

※チャンネルが切り替わった際のアプリケーションの動作はその仕様に依存します。

■DFSとは

DFSとは、「Dynamic Frequency Selection(動的周波数選択)」の略。
5GHz周波数帯のW53, W56で気象・航空レーダーなどの干渉があった場合、アクセスポイント側が干渉のないチャンネルに退避する仕組み。法律で義務付けられ、アクセスポイントに必ず搭載されている。
干渉した場合、移動予定のチャンネルがレーダー波と干渉しないかを無線LANを止めて60秒間監視する必要がある。

「干渉波自動回避機能搭載」で安定した通信を実現

安定した通信

従来品では回避することができなかったコードレス電話機などWi-Fi以外の機器から出るノイズを自動で検知し、干渉しないチャンネルへ変更できます。
さらに、チャンネル変更は、起動時/指定した時間間隔での実施に加えて、チャンネルの使用率上昇や電波干渉を検知して行う動的なチャンネル変更が可能。また検知レベルにあわせて必要なタイミングだけ、動的にチャンネル変更が可能なため、不要なタイミングでのチャンネル変更も防ぎます。

回避の仕組み

建物間の通信を低コストで実現

校舎と体育館間の通信を低コストで実現

無線LANは、建物間通信としてご利用いただくことが可能です。従来は屋内に設置していた無線LANアクセスポイントを軒下に設置することで、建物毎に必要であった専用線の月額費用や、敷設工事費用を削減でき、本社ビルと敷地内の工場、校舎と体育館、牛舎と事務所など、様々なシーンでの無線通信を低コストで実現します。

>>外部アンテナ・同軸ケーブルこちらをご確認ください。

11ac/n/a(5GHz)+11n/g/b(2.4GHz)両対応

高速400Mbs(規格値)の無線LAN11n準拠

圧倒的な通信速度を実現する5GHz帯高速無線LAN規格11acと、距離が離れても電波が弱まりにくい2.4GHz帯11n/g/bに正式対応。最大866Mbps(規格値)の5GHz帯と、最大400Mbs(理論値)の2.4GHz帯を設置環境や用途によって使い分けることができます。

11acを活かす1000BASE-T端子搭載

本製品は、1000BASE-Tの有線LAN端子を1つ搭載しています。有線接続した機器に最大1Gbps(規格値)の高速通信が可能。高速無線LANとともに、オフィスのネットワークを高速化します。

災害発生時に通信環境を提供できる「緊急時モード」搭載

WLS-ADTから緊急時モードへ一括切替をするとパスワード不要で通信が可能

本製品は、パスワードの入力がなくても共通のSSIDを指定するだけで通信ができる「緊急時モード」を搭載しています。
学校の体育館や自治体の施設など避難場所になりうる場所に本製品を設置すれば、「緊急時モード」をONにすることで避難者はスマホやタブレットから通信をすることができ、安否確認の連絡や災害情報を知ることができます。
設定変更はソフトウェアの管理画面(※)とWEB設定画面から行うことが可能なため、緊急時の設定変更も安心です。

※ネットワーク管理ソフトウェアWLS-ADTで本製品をあらかじめグループモードに設定しておく必要があります。

「緊急時モード」に一括切り替え可能

複数のアクセスポイントを「緊急時モード」へ一括切り替えすることが可能。事前設定をしておくことで、専門の知識がない方でも、緊急時にボタンを押すだけで対象機器へ設定を有効化することができます。

※ネットワーク管理ソフトウェアWLS-ADTからのみ可能

既設ルーターの設定が不要で各端末のIPを設定可能 ネットワーク設定を自動で割り当てる「DHCPサーバー機能」搭載

本製品に接続しているパソコンなどへIPアドレスなどを自動で割り当てるDHCPサーバー機能を搭載。
本製品が接続された既設ルーターの設定が変更できない場合などに活躍します。

ネットワーク設定を自動で割り当てる「DHCPサーバー機能」搭載

複数台のアクセスポイントがあっても迷わない、間違えない 設定中のAPを光って知らせる「I’m Here機能」搭載

複数のアクセスポイントが設置されている場合、どのアクセスポイントの設定をしているかわからなくなるケースがありますが、設定中のアクセスポイントをLEDを光らせてお知らせする「I’m Here機能」を搭載しているため、対象を迷ったり、誤ってしまうことがありません。

設定中のAPを光って知らせる「I’m Here機能」搭載

安心のセキュリティー

RADIUSサーバーとの連携で強固なセキュリティーを実現

RADIUSサーバーとの組み合わせにより、アクセス許可のあるユーザーだけをネットワークに接続させるIEEE802.1X/EAP認証に対応。ユーザー情報はRADIUSサーバーで一元管理され、ユーザー管理も簡単です。さらにRADIUSサーバーに登録されたMACアドレスに基づくMACアドレス認証や無線アクセスポイント内部でのローカルDBに基づくMACアドレスフィルターにも対応しています。

強力なセキュリティーでアクセス許可のあるユーザーを接続させる事が可能

動作評価済RADIUS(認証)サーバー:ソリトンシステムズ社 NetAttest EPS EPS-SX15、EPS-ST05、EPS-DX04

安心の最長5年保証

最長5年保証

最長5年保証 標準保証3年+ユーザー登録限定保証2年

本製品は長寿命設計の取り組みの結果として、標準で3年保証、さらにご購入から30日以内にウェブ上からユーザー登録を行っていただくと、保証期間を2年延長し、最長5年の保証をいたします。

ご登録の流れ

5年保証を受けるには、事前にお客様による登録が必要です。必ず本製品購入後30日以内に、登録を行ってください。
当社からの「登録完了通知メール」の送信をもって、5年保証登録完了とさせていただきます。

オフィスの省エネをサポートする低消費電力設計

消費電力を低減するLED消灯機能

1000BASE-T対応の端子を搭載

LEDを消灯して使用することで、無線LAN使用時の消費電力を低減します。

その他の特長

従来の802.3at準拠PoE給電機器をそのまま利用可能

本製品は、LANケーブルを用いて電力を給電するIEEE802.3at Power over Ethernetに準拠。従来の802.3at準拠PoE給電機器に対応しているため、既設の無線LANアクセスポイントで使用していたPoE給電機器をそのまま利用できます。導入にかかるコストと設置の労力を低減可能です。※対応するPoE給電機器は、こちらをご確認ください

従来の802.3at準拠PoE給電機器をそのまま利用可能

RoHS基準値準拠

2006年7月からEU圏で施行された電気・電子機器に対する特定有害物質使用制限指令「RoHS指令」の基準値に準拠しています。

※RoHS基準値についてはこちらをご覧ください。

サポート・ダウンロード

ページの先頭へ

仕様

仕様

対応OS Windows
10
(64ビット/32ビット)
8.1/7
(64ビット/32ビット)
本体
※○:対応、×:非対応
対応PoE給電機器 対応する給電機器は、 こちら をご確認ください。
対応オプション 外部アンテナ・同軸ケーブル: こちら をご確認ください。
ネットワーク管理ソフトウェア: WLS-ADT
無線LAN
インターフェース部
インターフェース 5GHz(W56)、2.4GHz
準拠規格 IEEE802.11ac /IEEE802.11n / IEEE802.11a / IEEE802.11g / IEEE802.11b
伝送方式 DSSS/OFDM/MIMO
周波数範囲
(チャンネル)
IEEE802.11ac、IEEE802.11a:5GHz(W56)(100~140ch)
IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz(1~13ch)
伝送速度 802.11ac: 866Mbps、802.11n: 400Mbps (BW 40MHz)、802.11g: 54Mbps、802.11b: 11Mbps
セキュリティー WPA2-PSK(AES)、WPA/WPA2 mixed EAP、WPA/WPA2 mixed PSK、WEP(128bit / 64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター
アンテナ 外部(External)、送受信(Tx / Rx):2 本、レーダー波監視用アンテナ×1(内蔵)
アクセスモード インフラストラクチャーモード,WDSモード
屋外利用
リピーター機能(WDS) 対応(最大6台)
※WDS認証方式は新定義方式です。異なるWDS認証方式とは接続できません。詳しくは こちら でご確認ください。
有線LAN
インタフェース部
準拠規格 IEEE802.3 10Base-T、IEEE802.3u 100Base-TX、IEEE802.3ab 1000Base-T、IEEE802.3x Flow Control、IEEE802.1w Rapid Spanning Tree Protocol、IEEE802.1Q VLAN tagging
ポート数 1 Port (802.3at対応)
コネクター形状 RJ-45型8極コネクター
伝送速度 10M / 100M / 1000Mbps(オートセンス)
伝送路符号化方式 8B1Q4/PAM5(1000BASE-T)、4B5B/MLT-3(100BASE-TX)、Manchester Encoding(10BASE-T)
対応プロトコル TCP/IP
速度とフローコントロール オートセンス、オートMDIX
アクセス方式 CSMA/CD
IP取得方法 手動 / DHCP
データ伝送方式 Store and Forward
管理機能 管理プロトコル SNMP(v1/v2c/v3/Trap)
その他機能 Web(ブラウザIE8以降)、CLI(TELNET、SSH、TFTPクライアント)、WLS-ADT(別売)対応
HTTPによるF/Wアップグレード機能、設定の保存/復元(Web)
RSTP(IEEE802.1w)対応、Syslog機能、Syslog転送サポート、MIB Ⅱ、IEEE802.11MIB、BridgeMIB、InterfaceMIB、IEEE802.1、LLDP-MIB、IP取得方法:手動/DHCP
セキュリティー機能 マルチSSID 最大32個(2.4GHz帯 16個、5GHz帯 16個)
タグVLAN(802.1Q) 最大32個、VID=1~4096
その他機能 認証方式:オープン、共有キー、IEEE802.1X(TLS/TTLS/PEAP)
暗号化方式:WEP(64bit/128bit)、WPA2(AES)、プライバシーセパレータ(STA/SSID)、ポートベースVLAN、Any接続拒否(SSID隠蔽)、MACアドレスフィルター、管理ユーザID/パスワード、電波出力制限機能
サポート機能 DFS障害回避機能、公平通信制御機能、干渉波自動回避機能、電波環境見える化機能、電波出力調整、電波混雑防止機能、APSD、DTIM、Beacon Period、QoS、ロードバランス(接続台数制限)、MAC-RADIUS認証、内蔵RADIUSサーバー機能、Proxy ARP(プロキシ・アープ)機能
電源 PoE IEEE802.3atに対応
最大消費電力 -25℃~55℃:18.3W/0~55℃:13.84W
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
※本体のみ(アンテナ・突起部除く)
W220×H280×D65mm
アンテナ外形寸法
(幅×高さ×奥行)
W20×H215×D20mm
質量 約1306g(アンテナ、壁掛け金具含まず)
動作環境 温度:-25~55℃
湿度:0~90%(結露なきこと)
取得規格 VCCI ClassB
RoHS基準値準拠 対応
主な付属品 アンテナ×2本、マニュアル、保証書類×3、ねじ×8本、壁掛け金具×4個

各部名称図

各部名称図

寸法図

寸法図

ページの先頭へ

ラインナップ

  • WAPM-1266WDPR
    型番 WAPM-1266WDPR
    価格 ¥69,800(税抜)
    JANコード 4981254041598

    ※記載されている価格は希望小売価格です。