管理機能搭載アクセスポイント(法人様)

エアステーション プロ インテリジェントモデル 11ac/n/a&11n/g/b 866+866+400Mbps 無線LANアクセスポイント

トライバンドとバンドステアリングで端末一台当たりの速度を向上

5GHzの2つのアンテナ(W52/W53用、W56用)で同時通信&自動分散

2.4GHz+5GHz(W52、W53用)+5GHz(W56用)の3つのアンテナを装備したトライバンド仕様。5GHz帯の2つの帯域で同時にデータ通信します。更に、バンドステアリングで通信する機器への振り分けを自動的に分散・最適化するため、1つの従来製品と比べ、約2倍(※)の転送速度を実現しました。

※測定環境
タブレット:NEC VersaPro VK15D/SQ-R 20台、Toshiba dynabook R82/A 20台
ファイルサーバー:TS5410DN0804
無線AP:WAPM-2133TR(本製品)、WAPM-1750D(従来品)
ファイルサイズ:10Mbytes
無線規格:WAPM-2133TR 11ac 5GHz帯 36ch/40MHz + 100ch/40MHz、WAPM-1750D 11ac 5GHz帯 36ch/40MHz

各タブレットが、ファイルサーバーから同時にファイルをダウンロード
従来品では、26秒で全台ファイルダウンロード完了
本製品では、12秒で全台ファイルダウンロード完了

DFS障害回避機能

レーダー監視専用アンテナで干渉しないチャンネルを常に把握 無線LANを止めずにチャンネル切替

「DFS(Dynamic Frequency Selection)」による無線LAN停止を回避するため、レーダー監視専用アンテナを搭載。干渉しないチャンネルを常に監視し把握することで、レーダー波を検知した際に、瞬時に干渉しないチャンネルへと自動的にチャンネル切り替えを行います。※

※チャンネルが切り替わった際のアプリケーションの動作はその仕様に依存します。

■DFSとは

DFSとは、「Dynamic Frequency Selection(動的周波数選択)」の略。
5GHz周波数帯のW53, W56で気象・航空レーダーなどの干渉があった場合、アクセスポイント側が干渉のないチャンネルに退避する仕組み。法律で義務付けられ、アクセスポイントに必ず搭載されている。
干渉した場合、移動予定のチャンネルがレーダー波と干渉しないかを無線LANを止めて60秒間監視する必要がある。

公平通信制御機能

動画同時再生で、教育現場のタブレット活用が快適に

動画同時再生で、教育現場のタブレット活用が快適に

公平通信制御機能による無線環境の安定化によって、教育現場のタブレット活用がますます快適に。多数のタブレットで同時に動画再生しても、再生の遅延が生じにくく、タブレットを使った授業をスムーズに進めることができます。

※適切なビットレートの動画のみ。

動画再生のバラつきを抑える公平通信制御機能

公平通信制御機能で、各タブレットの通信状況を整え、動画再生のバラつきを抑えます。

公平通信制御機能で、各タブレットの通信状況を整え、動画再生のバラつきを抑えます。

「干渉波自動回避機能搭載」で安定した通信を実現

安定した通信

従来品では回避することができなかったコードレス電話機などWi-Fi以外の機器から出るノイズを自動で検知し、干渉しないチャンネルへ変更できます。
さらに、チャンネル変更は、起動時/指定した時間間隔での実施に加えて、チャンネルの使用率上昇や電波干渉を検知して行う動的なチャンネル変更が可能。また検知レベルにあわせて必要なタイミングだけ、動的にチャンネル変更が可能なため、不要なタイミングでのチャンネル変更も防ぎます。

回避の仕組み

バッテリー動作中のタブレットでも安定通信

タブレットはACアダプターを接続していない状態で、通信をしていないと無線送受信を抑制する省電力モードになります。
学校の授業のようにアクセスポイントに多台数のタブレットが接続された状態で同時に通信をしようとすると、通信の順番が回ってくるまでに省電力モードになってしまう場合があります。
本製品では、省電力モードになった多台数のタブレットとも滞りなく通信ができるよう効率的な通信をしています。
当社ではACアダプターを接続していない省電力状態の40台のタブレットで動画再生試験を行っており、全台数で動画再生ができることを確認しています。

既設ルーターの設定が不要で各端末のIPを設定可能 ネットワーク設定を自動で割り当てる「DHCPサーバー機能」搭載

本製品に接続しているパソコンなどへIPアドレスなどを自動で割り当てるDHCPサーバー機能を搭載。
本製品が接続された既設ルーターの設定が変更できない場合などに活躍します。

ネットワーク設定を自動で割り当てる「DHCPサーバー機能」搭載

複数台のアクセスポイントがあっても迷わない、間違えない 設定中のAPを光って知らせる「I’m Here機能」搭載

複数のアクセスポイントが設置されている場合、どのアクセスポイントの設定をしているかわからなくなるケースがありますが、設定中のアクセスポイントをLEDを光らせてお知らせする「I’m Here機能」を搭載しているため、対象を迷ったり、誤ってしまうことがありません。

高速転送を実現する11ac

高速無線LAN規格「11ac」に対応

11acと従来無線LAN規格の最大転送規格

本製品で採用している11acは、従来の11nに比べ約2.8倍の高速転送速度を実現。大容量データを短時間で転送でき、無線LANを介した教材や資料のダウンロードもスムーズです 。従来規格11n/a/g/b搭載機器も接続できるので、お持ちの無線機器を買い替えることなく、手軽に快適な無線LAN環境を整えられます。また、将来11ac対応のスマホやタブレットを大量に導入した場合でも、アクセスポイントの買替えが不要となり、末永くお使いいただけます。

※規格最大値を比較した場合 2017年1月現在 当社調べ

■高速無線LAN規格「11ac」とは

「11ac」とは、米国電気電子学会(IEEE)にて策定が進められている高速化のための新技術です。2013年3月の電波法改正により、日本国内でも高速無線LAN規格「IEEE802.11ac」として使用できるようになりました。「帯域幅拡大」「変調信号の多値化」「MIMO方式の拡張」により、 従来規格の11nと比べ、約11.5倍(規格最大値)の高速化を実現。デジタル家電から防犯装置、自動車など、複数の機器同士を同時に、 スムーズに無線でつなぐことができます。

>>11acについて詳しくは「11ac特集」をご覧ください。

「11ac」なら一度に運べる量が多い

設置時も運用時も活躍する、「電波環境見える化機能」

本製品と管理ソフト「WLS-ADT」(別売)を使う事で、電波環境を確認できる「電波環境見える化機能」を搭載

全チャンネルの電波使用率、干渉源の有無、チャンネルマップが表示でき、チャンネルの総合評価を算出しておすすめチャンネルも表示。導入前の事前確認に役立ちます。

また、使用チャンネルの状態や接続端末台数の推移も表示できるので、運用管理にも便利です。さらに、予期せぬ通信遮断などトラブル発生時には、状態を後から確認できるスナップショット機能にも対応。トラブル発生時の原因の特定に役立ちます。

電波見える化機能一覧

384台のタブレットが同時接続可能

小中高だけでなく、大学の講義室や公衆無線LANでもお使いいただけます。

※各バンドにつき128台、実効スループットは環境に依存します。

無線LANの導入・高度な運用を簡単に

WLS-ADTでまとめて管理

本製品は複数のアクセスポイントを一括で管理できるソフトウェア「WLS-ADT」に対応しています。
「WLS-ADT」は導入時の設定や電波調整などを一括で設定管理することができ、障害発生時も機器の状況を一覧から確認することが可能。トラブルにもいち早く対応することができます。
多数のアクセスポイントを導入した環境でもシンプルな管理方法でご利用いただけます。
>>詳しくはネットワーク管理ソフトウェア「WLS-ADT」をご覧ください

※Ver2.6.0以降

VPNレスの遠隔地管理で早期トラブル解決が可能に

これまで、遠隔地の無線LANアクセスポイントを管理したい場合は、拠点間のVPNを構築する必要がありましたが、本製品と管理ソフト「WLS-ADT」を組み合わせて使用することで、VPN環境を構築できない拠点(中小規模の自治体の教育委員会と学校間、多数の店舗を展開する喫茶店など)の遠隔管理が可能となります。
これにより、無線LAN環境にトラブルが発生した場合、早期復旧が可能となります。また、遠隔管理にはSSLを利用して通信を行うため、セキュリティー面も安心です。

※アクセスポイント側でお使いのルータ等にポート設定が必要です。WLS-ADTは、インターネット側からアクセスできる環境が必要です。

■利用可能な機能
一括設定、死活監視、アクセスポイントの交換/追加時の設定、ステータス/Syslogの確認、ファームウェア更新、緊急時モードの切替え、アクセスポイントの再起動、その他詳細設定(個別設定)

過酷な温度環境にも対応

-25℃環境下での動作OK 50℃環境下での動作OK

空調が効かず高温・低温になりやすい場所への設置に最適。動作保証温度-25~50℃で、1年を通して温度変化の大きい工場や倉庫など、過酷な環境での無線LAN通信を実現します。

災害発生時に通信環境を提供できる「緊急時モード」搭載

WLS-ADTから緊急時モードへ一括切替をするとパスワード入力不要で通信が可能に

本製品は、パスワードの入力がなくても共通のSSIDを指定するだけで通信ができる「緊急時モード」を搭載しています。
学校の体育館や自治体の施設など避難場所になりうる場所に本製品を設置すれば、「緊急時モード」をONにすることで避難者はスマホやタブレットから通信をすることができ、安否確認の連絡や災害情報を知ることができます。
設定変更はソフトウェアの管理画面(※)とWEB設定画面から行うことが可能なため、緊急時の設定変更も安心です。

※ネットワーク管理ソフトウェアWLS-ADTで本製品をあらかじめグループモードに設定しておく必要があります。

「緊急時モード」に一括切り替え可能

複数のアクセスポイントを「緊急時モード」へ一括切り替えすることが可能。事前設定をしておくことで、専門の知識がない方でも、緊急時にボタンを押すだけで対象機器へ設定を有効化することができます。

※ネットワーク管理ソフトウェアWLS-ADTからのみ可能

目立つ場所にボタンを設置

省エネをサポートする低消費電力設計

WLE-OP-AC12C(オプション)

■オプションでACアダプターを用意。

環境に配慮し本製品にはACアダプターが同梱されていません。ACアダプター使用の場合は、オプションのACアダプター「WLE-OP-AC12C」(別売)をご利用ください。

消費電力を低減するLED消灯機能

LEDを消灯して使用することで、無線LAN使用時の消費電力を低減します。

消費電力を低減するLED消灯機能

有線LANの電力供給を調整。自動電力調節機能「おまかせ節電NEXT」を搭載

「おまかせ節電NEXT」

自動電力調節機能「おまかせ節電NEXT」により、パソコンの電源がOFFになっているポートや未使用のポートへの電力供給を自動判断して電力を調節する賢い節電を実現しました。夜間に多くのパソコンがシャットダウンされるオフィスで電力の大幅な節電を実現します。また、「おまかせ節電NEXT」でアイドリングストップモード(IEEE802.3az EEE)にも対応し、データが流れていない時の電力も自動的に削減。業務中のオフィスでの大幅な節電も実現します。※

※LANケーブルで接続された機器同士がIEEE802.3az EEEに対応していることが必要です。

自由な設置が可能。新デザインにより盗難やイタズラ、破損も防止

PoE(IEEE 802.3at)に対応

本製品は、LANケーブルを用いて電力給電できるPoE(IEEE 802.3at)に対応しています。

LANケーブルを用いて電力給電できる

豊富な設置オプション

壁掛け金具を標準添付。設置の自由度が高く、より電波が安定しやすい場所に設置できます。

壁掛け設置 天井設置

設置後のセキュリティーや破損防止にも配慮

セキュリティカバーが一体となっているため、盗難やイタズラ防止に最適。また、アンテナ内蔵により持ち運び時の破損も防止できます。

設置後のセキュリティーにも配慮

電波の流れを広範囲にカバー

電波はオモテ面(BUFFALOのロゴがある方)に飛びやすい設計がされているため、教室全体に電波が届きやすくなります。

電波の流れ

安心のセキュリティー

RADIUSサーバーとの連携で強固なセキュリティーを実現

強力なセキュリティーでアクセス許可のあるユーザーを接続させる事が可能

RADIUSサーバーとの組み合わせにより、アクセス許可のあるユーザーだけをネットワークに接続させるIEEE802.1X/EAP認証に対応。ユーザー情報はRADIUSサーバーで一元管理され、ユーザー管理も簡単です。さらにRADIUSサーバーに登録されたMACアドレスに基づくMACアドレス認証や無線アクセスポイント内部でのローカルDBに基づくMACアドレスフィルターにも対応しています。

動作評価済RADIUS(認証)サーバー:ソリトンシステムズ社 NetAttest EPS EPS-SX15、EPS-ST05、EPS-DX04

安心の最長5年保証

最長5年保証

本製品は長寿命設計の取り組みの結果として、標準で3年保証、さらにご購入から30日以内にウェブ上からユーザー登録を行っていただくと、保証期間を2年延長し、最長5年の保証をいたします。

最長5年保証 標準保証3年+ユーザー登録限定保証2年

ご登録の流れ

5年保証を受けるには、事前にお客様による登録が必要です。必ず本製品購入後30日以内に、登録を行ってください。
当社からの「登録完了通知メール」の送信をもって、5年保証登録完了とさせていただきます。

その他の特長

RoHS基準値準拠

2006年7月からEU圏で施行された電気・電子機器に対する特定有害物質使用制限指令「RoHS指令」の基準値に準拠しています。

※RoHS基準値についてはこちらをご覧ください。

サポート・ダウンロード

ページの先頭へ

仕様

仕様

対応OS Windows
10
(64ビット/32ビット)
8.1/8/7
(64ビット/32ビット)
Vista
(64ビット/32ビット)
本体
※○:対応、×:非対応
対応PoE受電機器 対応するPoE(IEEE802.3at)受電機器は、こちらをご確認ください
※IEEE 802.3afにのみ対応しているPoE給電機器で給電を行うと、本製品は正常に動作せず、DIAGランプが4回赤点滅して、無線が無効になります。
対応オプション

ネットワーク管理ソフトウェア:WLS-ADT※Ver2.5.0以降
ACアダプター:WLE-OP-AC12C
コンソールケーブル:BS-CON
縦置きスタンド:WLE-OP-STN
マグネットキット:BS-MGK-A
マグネット取付金具:LSW-KG5P

無線LAN
インターフェース部
インターフェース 2.4GHz及び5GHz同時通信
準拠規格 IEEE802.11ac /IEEE802.11n / IEEE802.11a / IEEE802.11g / IEEE802.11b
伝送方式 直接拡散型スペクトラム拡散(DS-SS方式)、直交波周波数分割多重変調(OFDM方式)、単信(半二重)
周波数範囲
(チャンネル)
IEEE802.11a:5.18GHz~5.7GHz( 36 / 40 / 44 / 48 / 52 / 56 / 60 / 64 / 100 / 104 / 108 / 112 / 116 / 120 / 124 / 128 / 132 / 136 / 140ch )
IEEE802.11g / IEEE802.11b:2.4GHz (1~13ch)
データ転送速度(規格値) 最大1300Mbps(IEEE802.11ac)、最大450Mbps(IEEE802.11n)、最大54Mbps(IEEE802.11a、IEEE802.11g)、最大11Mbps(IEEE802.11b)
セキュリティー WPA2-PSK(AES)、WPA2-EAP(AES)、WPA/WPA2 mixed PSK(AES/TKIP)、WPA/WPA2 mixed EAP(AES/TKIP)、WEP(128/64bit)、Any接続拒否、プライバシーセパレーター、MACアドレスフィルター
アクセス方式 インフラストラクチャモード、WDSモード
アンテナ 内蔵2.4GHz×2、5GHz(W52,W53)×2、5GHz(W56)×2、レーダー波監視用アンテナ×1
リピーター機能(WDS) 対応(最大6台)
※WDS認証方式は新定義方式です。異なるWDS認証方式とは接続できません。詳しくは こちら でご確認ください。
有線LAN
インタフェース部
準拠規格 IEEE802.3ab(1000BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3(10BASE-T)、IEEE802.3x Flow Control、IEEE802.1Q VLAN tagging
伝送方式 1000BASE-T(8B1Q4/4D-PAM5)、100BASE-TX(4B5B/MLT-3)、10BASE-T(マンチェスターコーディング)
アクセス方式 CSMA/CD
データ転送速度(規格値) 10M/100M/1000Mbps(オートセンス)
スイッチングデータ転送方式 ストア&フォワード
アドレステーブル MACアドレス 4096アドレス(自動学習方式)
転送距離 100m
端子数 2(AUTOMDIX対応)※PoE受電対応はLAN 1端子
端子形状 RJ-45型8極コネクター
管理機能 管理プロトコル SNMP(v1/v2c/v3/Trap)
その他機能 Web(ブラウザIE8以降)、CLI(TELNET、SSH、コンソール、TFTPクライアント)、WLS-ADT(別売)対応
HTTPによるF/Wアップグレード機能、設定の保存/復元(Web)
RSTP(IEEE802.1w)対応、Syslog機能、Syslog転送サポート、MIB Ⅱ、IEEE802.11MIB、BridgeMIB、InterfaceMIB、IEEE802.1、LLDP-MIB、IP取得方法:手動/DHCP
セキュリティー機能 マルチSSID 最大48個(2.4GHz帯 16個、5GHz帯(W52+W53) 16個、5GHz帯(W56) 16個)
タグVLAN(802.1Q) 最大48個、VID=1~4096
その他機能 認証方式:オープン、共有キー、IEEE802.1X(TLS/TTLS/PEAP)
暗号化方式:WEP(64bit/128bit)、WPA2(AES)、プライバシーセパレータ(STA/SSID)、ポートベースVLAN、Any接続拒否(SSID隠蔽)、MACアドレスフィルター、管理ユーザID/パスワード、電波出力制限機能
サポート機能

DFS障害回避機能、公平通信制御機能、干渉波自動回避機能、電波環境見える化機能、電波出力調整、電波混雑防止機能、APSD、DTIM、Beacon Period、QoS、ロードバランス(接続台数制限)、MAC-RADIUS認証、内蔵RADIUSサーバー機能、Proxy ARP(プロキシ・アープ)機能

USB端子 1ポート(USB2.0 TypeA)
※USB Flash専用
電源 AC100V 50/60Hz(ACアダプター使用時)
最大消費電力 25.5W
外形寸法
(幅×高さ×奥行)
※本体のみ(アンテナ・突起部除く)
W275×H275×D75mm
質量 約1350g(アンテナ含まず)
動作環境
※結露なきこと
・PoE給電の場合
温度:-25~50℃(壁掛け時/天井設置時)
湿度:10~90%

・AC電源の場合
-15~50℃(壁掛け時/天井設置時)
湿度:10~90%

※本製品は屋内使用に限ります
取得規格 VCCI ClassB準拠
RoHS基準値 準拠
※RoHS基準値についてはこちらをご覧ください。
保証期間 5年間(標準保証3年間、ユーザー登録限定保証2年間)
主な付属品 壁掛け金具、壁取付用ねじ、アンカー、スペーサー、取扱説明書、セキュリティキー(ACEキー)

各部名称

各部名称

寸法図

寸法図

ページの先頭へ

ラインナップ

  • WAPM-2133TR
    型番 WAPM-2133TR
    価格 ¥99,800(税抜)
    JANコード 4981254039755

    ※記載されている価格は希望小売価格です。